しわとりを行なうためにまずはシワについて知ろう

しわとり治療で若返り効果を

ヒアルロン酸注射を使う

鏡を見る中年女性

老けた顔の印象を若々しくしたいというときはヒアルロン酸注射を使ってしわとりを行なうといいでしょう。他の施術とくらべて比較的安価でいろいろな機関で施術してもらうことができます。ヒアルロン酸の種類も知っておくといいでしょう。

もっと読む

目元のしわとり方法

美容整形

目元の皮膚は薄く、笑ったときにしわとなってしまいます。そのときの形状が皮膚に記憶されてしわとなってしまうことも多いのです。そんな目元のしわとりをするときに役立つのがボツリヌス・トキシンです。

もっと読む

自分の脂肪を使う方法

頬を触る人

しわとりにはいろいろな方法があり、その1つが脂肪注入というものです。コンデンスリッチフェイスという脂肪注入法は吸引した脂肪から血液や老化細胞といった不純物を綺麗に取り去って、それを注入することができるのです。

もっと読む

シワができる場所や種類

カウンセリング

歳を重ねる毎に深くなってしまう悩みの種といえばシワやたるみでしょう。鏡で目元のシワやほうれい線を見ると老けたと感じてしまいます。また、シワができるところは目元だけではありません。眉間やおでこ、口の周りなどにもシワが出てしまいます。そんなシワを綺麗になくすことができたら一気に顔の印象も若くなることでしょう。綺麗な見た目を維持するためにもシワができないようなケアや定期的なしわとりが必要となってくるのです。美容外科や皮膚科でしわとりを行なう場合に、自分のシワがどういった原因でできているのかを知っておくと効果的な治療法というものを知ることができるでしょう。
気になるシワの代表的ともいえるのが目元のシワす。目元にできるシワや小ジワはちりめんジワとも呼ばれており、乾燥が原因とされる浅くて細かいもののことです。ちりめんジワは肌の外側である表皮と呼ばれる部分の中の角質にできるものです。ちりめんジワはだいたい20歳をすぎる頃から出始め、加齢によって肌の保湿力が低下することでどんどん目立つようになってしまうのです。保湿力というのは肌の角質細胞に含まれているアミノ酸の減少や細胞間脂質というものが減ることで失われてしまうので、そういったものを補うことが大切です。そこで便利なのが美容外科クリニックで行なうことのできるヒアルロン酸注射でしょう。ヒアルロン酸を注入することで膨らみを出してシワを改善するだけでなく、肌の保湿力も高まります。
しわとりを考えている人の中にはおでこのシワをどうにかしたいという人もいるでしょう。おでこのシワには種類が2つあり、横に入っているシワの場合は皮膚の形状記憶や頭皮の垂れ下がりなどの原因が考えられます。こちらも保湿をすることで肌にハリを与えてシワを防ぐことができるでしょう。また、おでこの縦ジワと呼ばれている眉間のシワの大きな要因が形状記憶によるものだと考えられています。他にも、鼻の根に当たる部分のシワや一部の目尻のシワも形状記憶と深く関係しています。この場合にしわとりで有効になるのがマッサージを行なって解すということです。また、筋肉を解すための注射を皮膚科や美容外科で打つこともできます。このようにシワの種類を踏まえそれにあった治療を行なうことで効果的にしわとりをすることができるようになるのです。


金の糸による治療

ドクター

しわとりでよく行なわれるのがヒアルロン酸注射ですが、その効果は数ヶ月や半年程度でなくなってしまいます。もっと長く持続させたいのであればゴールデンリフトという古くからある方法を使うといいでしょう。

もっと読む

リフトアップでシしわをとる

目元を触る女性

しわとりの方法の1つとして切除という方法があります。目的の場所に合わせて切除することができ、その傷口は目立たない場所になるよう配慮されています。顔全体を引き締めてくれるのでしわやたるみに効果的です。

もっと読む